小児糖尿病

糖尿病には大きく分けて2種類あります。膵臓でインスリンが作れない1型、生活習慣が原因の2型です。

1型は子供の発症者が多いため、小児糖尿病とも呼ばれています。1型の発症原因はウイルスや遺伝子ではないかと言われてますが、はっきりと原因はわかってません。

1型糖尿病にも血糖値をコントロールするインスリンが欠かせない点は2型と同じですが、患者が子供の場合、血糖値をコントロールすることが最も重要です。

子供は体が成長するためのエネルギーが必要なため、カロリー制限はインスリンより重要度がずっと下がります。

1型は血糖値が食事や運動によって変動しやすいため、低血糖・高血糖のどちらに対しても注意が必要です。

しかし近年は生活環境が激しく変化したため、子供や若年層にも2型糖尿病の発症数が増えてきました。

2型であっても、子供の場合は発育に必要なエネルギー量を考慮しなくてはいけません。成長に見合った食事は必要ですが、著しく肥満している場合や、体の成長が止まってる状態でしたら、大人と同じように食生活の改善を行います。

1型、2型どちらのタイプであっても、子供の糖尿病は大人以上に家族の支えが必要です。

子供の努力に加えて、規則正しい食事と体調管理は家族のサポートが不可欠です。時には医師との連携に大人が間に入ることも必要でしょう。

血糖値のコントロールがうまくいけば、普段通りの生活を送ることができます。病気の事実を受け入れて積極的に治療方法を探りましょう。

スポンサーリンク