糖尿病の種類、治療方法

000064.jpg

糖尿病は血液中の糖分が異常に多くなり、そのため体に様々な不調をもたらす病気です。

血液の中には、ブドウ糖の量を調節する物質・インスリンがあります。

ブドウ糖は体を動かすエネルギー源です。インスリンの作用が足りなくなると、ブドウ糖の量が調節できなくなって血液中の糖分が多くなります。

血糖値が高い状態は、ブドウ糖であるエネルギー源が体の中に行き渡らず、血液の中へ溢れて出てしまいます。

こうなってしまうと体にエネルギー源が配達されないので、エネルギーが行き渡らずに全身の働きがにぶくなり、いろんな病気や合併症を引き起こします。

2002年に行われた糖尿病実態調査では、約740万人が糖尿病の疑いが強いとしています。検査結果は正常なものの、糖尿病の可能性を否定できない人の数は約880万人。

両方を合計すると、1997年の調査と比較して糖尿病の患者数は約250万人も増えていることになります。

基本の治療は、その人の日常生活に見合った食事療法や運動療法です。この二点で満足のいく治療効果が得られない場合は、インスリン注射、血糖降下剤などの内服薬等の薬物療法が開始されます。

糖尿病の分類

糖尿病の種類は大きく分けて2つあります。

1型は自己免疫異常でインスリンが作れなくなります。2型は生活習慣が原因です。健康な人が発病する糖尿病は、ほとんどの場合2型です。

2型になる大きな原因は、運動不足と高脂肪食の食べ過ぎです。それに加えて肥満、過食、ストレスも影響しますし、遺伝的要素も見過ごせません。

2型糖尿病と診断されたら、最初は食事療法と運動療法で血糖値を下げるよう制御します。適正な1日の食事の量は、患者の身長、体重、性別、年齢や労働内容などを考慮して医師が指示を出します。

食事療法の指導を医師から受けた際に、糖尿病食事指示票が渡されます。それを参照しながらバランスの良い食事を摂取することが大事です。

朝食、昼食、夕食、間食で何をどれくらいの量ずつ食べるかを食品交換表を利用して献立を配分するように、医師から指示を出すことが多いと思います。

慣れないと大変ですが、医師の指示に従って献立を考えましょう。

スポンサーリンク