糖尿病の治療にかかる医療費

糖尿病の医療費は、薬を使うか使わないかで大きな差が出ます。症状が比較的軽くても、治療費は毎月数千円かかります。

インスリンが必要ない人の医療費

インスリン、血糖降下薬の投薬が必要ない方の治療は食事療法と運動療法が主役です。薬がいらない分安くすみますが、それでも自己負担額は月額2000~5000円程度になります。

また自己管理のために血糖測定器を購入する場合、測定器の購入と、血糖値を測定するための消耗品(針、チップ)は基本的に自己負担で買わなければなりません。

(主治医の判断によっては、年1回だけ健康保険が適用されることもあります)

ただし血糖測定器と消耗品の購入は、医療費控除の対象になります。

インスリン、血糖降下薬が必要な人の医療費

インスリンや血糖降下薬を処方されてる方には、薬にかかる費用が大きな負担になります。

インスリン、血糖降下薬のどちらか一種類処方された場合は自己負担額が月額8000~1万円前後かかります。

血糖測定器にかかる費用は健康保険が適用されますが、薬と合わせた費用は月額1万円~中には2万円近くなることも。

さらに合併症を発症すると、その治療にもお金がかかります。

糖尿病にかかった後で、経済的負担の大きさに驚く人は少なくありません。健康診断で血糖値が上がり気味だと気づいたら、すぐ毎日の生活習慣を見直したいものです。

スポンサーリンク