妊娠糖尿病になるとどうなるの?

妊娠糖尿病にかかって血糖値をうまくコントロールできないと母体と胎児両方に影響がでます。

説明が長くなりますが、血糖値が上がることの害と胎児への悪影響、その次に母親への悪影響を見ていきましょう。

血糖値が上がるとどうなるの?

妊娠中はインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されるので、血液の中にあるブドウ糖の量が増えます。

母親の血液中に流れるブドウ糖は、胎盤を通して胎児へ移行します。しかしインスリンは胎児へ運ばれないので、胎児の体内にあるすい臓がインスリンを分泌してブドウ糖を処理します。

ここで注目して欲しいのが、インスリンの役割。インスリンはブドウ糖をエネルギーに変換する役目をしながら体の発育を促進する役目もします。

つまり胎児がインスリンを大量に分泌すると、産道を通れなくなるほど発育して巨大児になったり、難産や胎児仮死が起こる危険が高くなります。また赤ちゃんが産まれた後に低血糖になることもあります。

妊娠高血圧症候群は母子共に危険

母体にも重い合併症がでます。妊娠高血圧症候群(以前は妊娠中毒症と呼ばれてました)は赤ちゃんを未熟児で出産、あるいは中絶する選択を迫られることがある危険な病気です。

妊娠高血圧症候群の原因は今の医学ではよくわかってませんが患者さんの統計を取ると、明らかに妊娠糖尿病の妊婦はリスクが高いそうです。

症状は高血圧に伴う脳卒中、子癇(けいれん発作)、急性妊娠脂肪肝、血液の凝固障害で出血が止まらなくなったりします。

他には糖尿病の合併症(網膜症、腎症、神経障害など)も心配です。

治療はまず食事療法から始めます。医師が「服薬が母胎と胎児に有益である」と判断した場合は薬物療法を併用しますが未熟児出産などの手段で妊娠を中断するのが最善の治療法です。

このように妊娠糖尿病は油断できないので病院は早期発見・治療のために検査を行い、食事療法で改善を目指します。

食事療法にまじめに取り組めば、危険な状態を回避できます。好きな食べ物を制限されるのはつらいですが、元気な赤ちゃんを出産する日を迎えるためにがんばりましょう。

スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク