妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は、妊娠中の糖代謝異常や健康な人が妊娠をきっかけにして発症する糖尿病のこと。

妊娠中に血糖値が高い状態が続くと産まれてくる赤ちゃんに異常が出る確率が高くなり、母体にも大きな負担がかかります。

食生活の乱れで発症する2型と異なる点は、妊婦なら誰でもかかる可能性があること。原因がホルモン分泌の変化にあるからです。

どうして妊娠すると血糖値が上がるの?

私たちの血液の中には、体のエネルギー源となるブドウ糖があります。健康な時は血液中に存在するインスリンが、ブドウ糖をすばやくエネルギーに変換します。

妊娠すると、インスリンの量に一時的な変化が訪れます。妊娠中はインスリンの働きを抑えるホルモンが分泌されると同時に、胎盤でインスリンを分解する酵素が作られます。

健康な女性でも、妊娠中は体内のインスリン量が大幅に減少するので血糖値が下がりにくく、糖代謝異常に陥りやすいです。

どんな人がかかりやすいの?

妊娠糖尿病は次のような人がなりやすいと言われてます。下記に当てはまる人は、糖尿病合併妊娠を防ぐ目的で血糖値検査を受けるのが理想です。

  • 家族に糖尿病にかかっている人がいる
  • 肥満体型
  • 35歳以上での高齢妊娠
  • 尿糖検査で陽性が続いている
  • 過去に巨大児を出産したことがある、早産や流産の経験がある
  • 過去または現在、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)や羊水過多症にかかっている

しかし「チェック項目から外れてるから大丈夫!」と安心するのは早計。20代で妊娠糖尿病になる人は珍しくありません。

そして妊娠中は腎臓の働きが変化するので、糖が出やすい時期。尿糖検査で陽性が数回出ても、妊娠初期と中期に行われる血液検査でのスクリーニング(ふるい分け検査)とブドウ糖負荷試験の結果が良好なら 妊娠糖尿病と診断されません。

いずれにせよ妊娠中は発症しやすい状態が長期間続きます。体重管理は赤ちゃんの健康管理をするつもりで過ごしましょう。

スポンサーリンク
同じカテゴリの記事
スポンサーリンク