中食は血糖値が上がりやすい

中食(なかしょく)という言葉をご存知ですか?中食は、スーパーなどで調理済みの弁当、総菜、冷凍食品などの加工食品を買ってきて、それを自宅で食べることです。

出来合いの総菜を家で食べることは昔は珍しかったのですが、ライフスタイルの変化によって一般的な光景になりました。

総菜や冷凍食品は、調理の手間がいらないので夫婦共働きで忙しい家庭ではとても便利な商品です。 しかし血糖値のコントロールが必要な人は利用に注意が必要です。

市販の惣菜や弁当はフライや揚げ物が多いため、手作りよりカロリーが高めです。

国民生活センターが2006年に実施した検査結果によると、出来合いの弁当に入ってる中食のフライだけで1日の脂質目安量の全てを摂取してしまうそうです。

また塩分についても、中食のフライに含まれる塩分量は手作りのものよりはるかに多い数値が出ています。

油分についても同様です。衣が厚い加工食品は、衣が油を吸いやすいためカロリーが高くなりやすいのです。

店頭で調理し、客が好きな量を取り分ける種類の惣菜にはカロリー数や原材料の明記が必要ないので、買う前に確認できる方法は今のところありません。栄養管理をしている時は注意が必要ですね。

消費者の立場からすると、原材料ラベルに1食分のカロリーを表記して欲しいものです。

一方、容器包装されている加工食品には、原材料とカロリーについてきちんと明記されています。1袋分全部を食べた時のカロリー、グラム数に対するカロリー、唐揚げでしたら1個単位のカロリーなど様々な表記がされてます。

食べ物は見た目があっさりしてても、高カロリーの食品がたくさんあります。その代表格はチョコレート菓子。脂分が非常に多いので少量でも高カロリーです。

カロリー計算は血糖値を下げるためにはかかせません。忙しくて料理できない時、加工食品はとても便利ですが、食事の栄養バランスを考えるのと同時に、カロリー計算を怠らない癖をつけましょう。

スポンサーリンク