糖尿病とメタボリックシンドロームの関係

2008年の4月から新しい健診制度が始まりました。

40歳から74歳までの、全ての健康保険加入者・被扶養者に対して、 メタボリックシンドローム(内蔵脂肪型肥満)の予防を目的とした健康診断と保健指導が、新しく開始されます。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が蓄積したために高血糖・高血圧・脂質異常の状態になっている人のことです。

4月から新しく始まる健診は、腹囲(へそ周り)の計測を取り入れてるので、内臓脂肪の状態を把握できます。内臓脂肪の量を計測することで、メタボリックシンドロームの人やメタボ予備軍の減少を目指し、肥満や血糖値について保健指導を必要とする人を早期発見しようとする試みです。

従来、健康診断の目的は病気の早期発見と早期治療でした。しかし新しい制度は、糖尿病などの病気にかかる前に発見・予防する目的で実施されます。

厚生労働省が実施した国民栄養・健康調査によると、40歳から74歳の男性の2人に1人が、女性の5人に1人はメタボリックシンドロームの疑いが非常に強い、または予備軍と考えられています。

健診の該当者は、保健師による保健指導や、生活習慣の改善への取り組みについて専門家から支援を受けられます。メタボ予備軍の人には、生活習慣病とメタボリックシンドロームの基本知識と、生活習慣を改善するアドバイスなどの情報提供が受けられます。

メタボリックシンドロームであることがわかった場合、もしくは予備軍と診断されて食事面・運動面の生活指導を受けることは、自身の健康管理にとって大きな意義があります。

今までは検査結果で要注意と判定されても、その後に医師の診察を受ける・受けないの選択は本人まかせでした。これでは病気を未然に防ぐための検査があまり生かされてない状況ですよね。

個人の健康状態に警告を発する新しい健診は、糖尿病などの病気から体を守るために、食事や運動の自己管理を徹底する姿勢が求められる時代の流れを現してるのかもしれませんね。

スポンサーリンク