もしも家族が糖尿病になったら

ある日突然、家族が糖尿病と診断されたら…。

本人はもちろん、ご家族もどう対処すればいいのかわからず、糖尿病と戦う生活について不安を感じると思います。

もし可能であれば、糖尿病になった本人と家族が同席して医師から直接話を聞くのが良いでしょう。

食事をどういう風にすればいいのか、どのようなことに気をつけて接すればいいのか悩むより、専門家の話を聞いた方が明確な答えがみつかります。

複数で話を聞くことによって、直接疑問に思うことを尋ねられますし、病気にどのように対処すれば良いのか理解が深まります。医師も患者本人だけに注意点を話すより、家族にも一緒に理解してもらった方が安心するのではないでしょうか。

糖尿病教室などの集いに参加するのも良いと思います。緊急を要する状態になった時(低血糖など)の対処方法は本人だけでなく、家族にも「こういう事が起こりうる」と知っておいてもらう方が良いことがたくさんあるからです。

病気になった患者さんの食事についてですが、それまでと比べて薄味の食事をしている姿を見たり、糖尿病食を作ってるのを見ると、最初はつらく感じるかもしれません。

しかし、これは大きなチャンスでもあります。家族全員の食生活を見直す良い機会です。遺伝的要因も強い2型糖尿病と診断されたのであれば、患者さんの家族も糖尿病にかかる可能性が非常に高いのです。

元気に毎日を送るために、家族全体の食習慣を見直して、 栄養バランスの良い食事を摂れるよう心がけましょう。

一人暮らし、単身赴任の人が病気とわかったら

もしも離れて暮らす家族が糖尿病と診断されら、心配が余計につのるものです。食生活、薬の飲み忘れ…気がかりなことがたくさんあります。

糖尿病の初期症状は「疲れやすい」「喉がよく渇く」などほとんどの人が深刻視しない行動です。

三代合併症も見落としやすく、しかし重大な後遺症が残ることがあります。

「ひょっとして…」という気づきが、早期発見につながることもあります。離れていてもできるだけ顔を見に行ったり、連絡を取って様子を確認するよう心がけてください。

お年寄りでしたら、地域の民生委員さんに事情を説明しておいたり、ヘルパー派遣や1人暮らしの人へのボランティア訪問を活用するなど、福祉サービスを利用することで、いざという時の心のより所を作っておきましょう。

スポンサーリンク