糖尿病が発症する原因

糖尿病にかかっていない人も、食事や運動に気をつけることで糖尿病を含む様々な病気にかかるのを防ぐことにつながります。発症する仕組みを知って、危険な状態を避ける癖をつけましょう。

糖尿病の発病はご飯やパン、麺類などの炭水化物に多く含まれるブドウ糖と深い関係があります。

私たちの血液の中には、ブドウ糖が存在しています。ブドウ糖は体を動かすエネルギー源になる物質で、脳や身体の活動エネルギーとして非常に大切な存在です。

ブドウ糖の量は血液中のインスリンによって常にコントロールされてます。しかし何らかの原因でインスリンの分泌量が減ったり、効きめが悪くなると、血液中に流れるのブドウ糖の量が多くなります。

これが血糖値が高い、高血糖といわれる状態です。放置すると糖尿病やその合併症、生活習慣病を引き起こすのです。

インスリンをコントロールするには

インスリンの働きが悪くなったり、分泌量が少なくなる原因は様々あります。その中に肥満、運動不足、ストレスなどの生活習慣の乱れがあるようです。

糖尿病が進行した人には、インスリンを注射して補います。しかし症状があまり重くない人や糖尿病予備軍の人は自力でインスリンの量を活発にして、血糖値が上がるのを防ぐことができます。

インスリンの活動を活発にするには、何をすればよいのでしょうか?それは運動です。

定期的な運動は、インスリンの活動を活発にすると同時に肥満や運動不足をよせつけなくします。

また他の病気にかかりにくい体力をつけることになりますので、糖尿病の人には運動療法が強く勧められるのです。

栄養バランスが良い食事、運動を続けること。この2つの方法が糖尿病治療の基本であり、最前の予防策です。

スポンサーリンク