糖尿病と歯周病

糖尿病になると血糖値が増えるため、合併症を引き起こす原因になります。その影響は体だけではありません。口の中にもあらわれます。

高血糖になると血の循環が悪くなって歯周病が起こります。

血管障害は白血球の機能が低下させてしまうため、歯茎の炎症が起こっても治癒するスピードが弱まります。そのため歯周病が悪化するスピードが早いのです。

あまり知られてませんが、糖尿病になってから歯周病に悩む人はとても多いです。逆に、歯の治療を開始してから糖尿病の事実が判明する人もいます。

歯周病の防止は、きちんと食事を摂るために非常に大切なことです。歯周病防止、あるいは症状を悪化させないために、糖尿病の進行を食い止めること・口の中の衛生状態を守ることが大切です。

それでは口の中をきれいに保つ方法を見てみましょう。

  • 毎食後の歯みがきを欠かさない。歯を1本1本丁寧に磨きましょう。ただし力の入れすぎは歯茎を傷つけますので、ほどほどに。歯茎と歯の境目は歯垢がたまりやすいところ。磨き残しに注意してください。
  • 歯と歯の間の汚れは、歯ブラシで落としきれません。汚れを残さないように、歯間ブラシまたはデンタルフロスを使用しましょう。
  • 自力で落しきれない汚れや歯石を、歯医者へ定期的に通って除去してもらいましょう。その時に歯周病と虫歯のチェックをしてもらって、必要があればきちんと治療を受けてください。歯周病と虫歯は放置すると悪くなるばかりです。

歯周病や虫歯の治療を嫌がると、毎日の食事を満足に摂れなくなります。すると食事の回数や内容のバランスが崩れてしまい、結果的に糖尿病をも悪化させてしまいます。

糖尿病と歯周病は並行治療が重要です。ぜひ口の中の健康にも配慮するよう心がけてください。

スポンサーリンク