糖尿病合併妊娠

糖尿病の女性が妊娠したら、糖尿病合併妊娠の治療が必要になります。

糖尿病合併妊娠は早産の危険もある非常にリスクが高い状態です。

母体に迫る危険には、糖尿病性ケトアシドーシス、妊娠高血圧、早産、羊水過多症などがあります。

糖尿病性ケトアシドーシスは、高血糖のために激しい腹痛や全身の嫌悪感に襲われます。時にはこん睡状態に陥ることがある症状です。

羊水過多症とは、健康な妊婦より羊水の量が多くなってしまう症状です。羊水過多症になると子宮の膨らみが大きくなり、呼吸が苦しくなることがあります。また、たまった水分のせいで下半身のむくみや痛みが発生することも。

赤ちゃんが体重4000グラム以上の巨大児になった場合は分娩時の帝王切開率と産道裂傷などの危険が高くなります。

巨大児となった場合は出産の際に産道から出る時の抵抗が大きくなるので、赤ちゃんに頭血腫が起こることもあります。

妊娠初期の段階で高血糖になると、赤ちゃんも高血糖になります。赤ちゃんの高血糖は先天奇形、巨大児、低出生体重児のどれかひとつになる危険性が高くなります。

出産後も安心できません。低血糖などになりやすいため、赤ちゃんの経過を充分に見守る必要があります。

母胎と赤ちゃん両方の負担が大きいため、妊娠を望む糖尿病の女性は血糖値をコントロールしておく必要があるのです。

血糖値のコントロールだけでなく、糖尿病性網膜症や腎症などの検査をし、かかっている場合には妊娠前にきちんと治療しておくのが大切です。

また健康な人が、妊娠によって血糖値が高くなり一時的に糖尿病の症状を起こすこともあります。 詳しくはこちらをご覧ください。→妊娠糖尿病

血糖値のコントロールの主役は、食事療法です。これは妊娠中であっても変わりません。規則正しく栄養バランスの取れた食事は、お母さんの健康だけでなく、おなかの中にいる赤ちゃんのためにも大事です。

糖尿病の治療中であっても、赤ちゃんの母乳育児は可能です。注射したインスリンは母乳から赤ちゃんへ移動しません。

しかし母乳育児をするお母さんは、エネルギーを大量に消費するので低血糖に陥りやすくなります。 忙しい産後で不規則な食事になったり、寝不足の疲れで血糖コントロールがおろそかになってしまいがち。

赤ちゃんとお母さんの体を守るためには、生活習慣を乱さない努力が必要ですが、これはとても大変なこと。旦那さんをはじめとした家族の方も協力してあげましょう。

スポンサーリンク