動脈硬化

糖尿病で高血糖状態が続くと血管の障害が起こります。この血管障害は細小血管障害、大血管病変(動脈硬化の2つがあります。動脈硬化の方は耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

動脈硬化は脳、心臓、脚などの動脈の壁に変化が起こる病気です。動脈の壁に傷がついて内皮障害が起きた後、慢性的な炎症状態となります。やがて動脈の壁が硬く厚くなるため血液が流れにくくなるのです

高血糖がたとえ一時的な状態であったとしても、動脈硬化を引き起こす危険性はとても高いです。もう少しわかりやすく言うと、空腹時の血糖値がに問題がなくても食後に計測した血糖値が高ければ動脈硬化が起こる可能性が高くなるのです。

動脈硬化の進行に気づかず、何も対策せずに放置してしまうと、ある日突然動脈が詰まってしまうことがあります。これが動脈硬化が恐ろしいと言われる理由です。

心臓の動脈が詰まった場合は心筋梗塞が起こります。脳の動脈が詰まると脳梗塞に、脚の動脈が詰まると壊疽(えそ)を起こして肉体がミイラ化してしまいます。

壊疽の恐い点は手遅れになることもあることです。動脈硬化になる前か、それと同時に知覚神経障害が起きていると、痛覚などの感覚がにぶっているので痛みを感じにくくなります。

そのため低温火傷などの細菌感染に気づかず、最悪の場合は脚を切断しないと命にかかわります。

そのような症状にならないために、糖尿病の人は食事や運動に気をつけながら症状の進行を防ぐ生活を送ってください。軽いからと考えて適切な治療を受けないままではいけません。

食事と運動などの生活習慣の改善、適切な治療と医師の指示を守った行動があなたの命を守るのです。

スポンサーリンク