メタボリックシンドロームとは

内臓脂肪が蓄積すると、生活習慣病と呼ばれる糖尿病・高血圧・高脂血症になる可能性が非常に高くなります。

これら生活習慣病と呼ばれる3つの病気を引き起こしそうな肥満状態はメタボリックシンドロームと呼ばれています。

肥満は2つの種類に分類できます。洋ナシ型と呼ばれる体型の肥満は皮下脂肪型、リンゴ型と呼ばれる体型は内臓脂肪型といいます。

メタボリックシンドロームの疑いが強い肥満は内臓脂肪型の方です。

内臓脂肪型肥満は外見から判断しにくいため、腹囲(へそ周り)を測定して判断します。

内臓脂肪型肥満の判断基準は性別によって若干の差があります。現在の基準は男性で腹囲85cm以上、女性で90cm以上です。

あなたの腹囲がこの数値にあてはまる場合、もしかすると内臓脂肪型肥満かもしれません。

一方、メタボリックシンドロームを判断する基準は、内臓脂肪の付き方と血液検査の結果の両方を照らし合わせたものです。

腹囲が男性で85cm以上、女性で90cm以上あり、なおかつ血糖値、血圧、血症の3項目のうち、2項目以上が正常値をはずれている人が、メタボリックシンドロームと診断されます。

内臓脂肪の蓄積は、糖尿病を引き起こすだけではありません。生活習慣病、動脈硬化、それに伴う脳梗塞の引き金になることもあるのです。

悪い話がつきまとう内臓脂肪ですが、簡単に落ちない皮下脂肪とは大きく異なる点があります。内臓脂肪は比較的簡単についてしまう反面、食事と運動に注意すれば比較的簡単におとせます。

病気を防ぐためには、内臓脂肪蓄積を防ぐこと。すでに蓄積している人なら生活習慣病にならないように食事と運動を見直す。これらの対策が病状を進行させないために必要です。

メタボリックシンドロームと診断されても、早く対処すればするほど、早く健康を取り戻せます。

スポンサーリンク