糖尿病の三大合併症(網膜症、腎症、神経障害)

血糖値を正常な範囲にするためには、食事と運動に気をつけなければいけません。上手に血糖値をコントロールできないと、失明体のしびれなどの重大な障害が起こります。

高血糖の状態が続くと血管障害が起こります。ひとつは細小血管障害、もうひとつは大血管病変(動脈硬化)というものです。細小血管障害は糖尿病によく見られる合併症です。

三大合併症としてよく知られる症状には、次のものです。

糖尿病網膜症

目の網膜の血管が出血します。眼科的治療が必要です。

糖尿病網膜症が進行すると、網膜はく離や血管新生緑内障を引き起こして 失明する危険があります。

手遅れになるのを防ぐには定期的な眼科受診が必要です。

糖尿病腎症

糖尿病腎症は、透析治療が必要になる一番多い原因です。

最初は初期症状がありませんが、徐々にむくみが出たり、血圧が上がったりします。さらに進行すると 腎不全が起きて人工透析が必要になることもあります。

血糖の管理をきちんとしていても、血圧が高いと症状が進行します。日頃の血圧管理が非常に重要です。

糖尿病神経障害

主な症状は知覚神経障害(体のしびれ、感覚が鈍くなる)、立ちくらみ、汗のかき方が異常だといった自律神経障害があります。

糖尿病と診断される前に糖尿病神経障害の症状が出ることもあります。ですので発症の仕組みを知っていれば、糖尿病の早期発見につながります。

これらのような合併症を予防する方法は、日常の運動や食事などの生活習慣を正しく行うことが一番効果的です。

また血糖値に注意するだけでなく、血圧測定、手足のしびれ、目の状態などにも気をつけることが大事です。

スポンサーリンク