世界糖尿病デー

世界の成人人口の約5~6%を占める人が糖尿病にかかってます。10秒に1人が糖尿病の合併症で亡くなっているそうです。

日本では糖尿病が原因で年間約1万人の方が亡くなってます。

全世界共通の課題である糖尿病の存在を知ってもらうために、国連は国連総会義で「糖尿病の全世界的脅威を認知する決議」を2006年に可決し、同時に11月14日を世界糖尿病デーと定めました。

11月14日はインスリンを発見した学者、フレデリック・バンティングの誕生日です。この日は世界各地で糖尿病の予防、治療、療養を啓発する運動が開催され、数々のイベントが国連とその主要国で行われます。

日本でも毎年イベントが行われてます。2007年11月14日には東京タワーや通天閣など、日本各地の観光シンボルがブルーにライトアップされました。ブルーは世界糖尿病デーのシンボルカラーです。

イベントの告知と並行して、糖尿病の予防や治療を呼びかける啓発コメントが新聞、雑誌、ニュースなどで何度も報道されました。

少し意外ですが、糖尿病は発展途上国でも多く見られる病気です。食生活の変化で栄養バランスの悪い食事をせざるを得なかったり、病院や薬などの治療設備が整ってないために急増しています。

豊かな国の病気と思われがちな糖尿病ですが、実態は経済的に恵まれない国に多いのです。そういった人々は治療費が払えないために高額なインスリン治療などを満足に受けることができずに、合併症に苦しんでいます。

世界中の人が、糖尿病について知る・考えることが大切です。健康維持にはバランスのとれた食事と治療が必要ということを、病気でない人にも知って欲しいですね。

スポンサーリンク