糖尿病の人の旅行計画

合併症で安静にしないといけない状態を除けば、糖尿病の人でも旅行を楽しむことができます。

観光は運動をする良いきっかけでもありますが、旅行前は入念に準備しなければいけません。

血糖値を調節するインスリンや内服薬を処方されている人は忘れずに携行します。飛行機で移動する場合は、手荷物として車内に必ず携帯します。

旅行中は普段より運動量が増えますので、低血糖になった時に備えて、ブドウ糖を忘れずに携帯しておきましょう。医師に依頼して、万が一の時に参照できる説明書を作ってもらうのも良いですね。

もちろん旅行に同行する人には、自分が糖尿病である事実を伝えておきましょう。

旅行中は食生活が不規則になりがちです。バランスよく必要な量だけ食べることを、いつもより強く心がけてください。特に団体旅行に参加する時は要注意です。他の人と同じ料理を出されたら、自分のペースを厳守して食事を取りましょう。

食事への配慮は、宿泊先を予約する際に申し出ておくと安心です。最近はアレルギー患者、高齢者、生活習慣病の人に配慮した減塩食や糖尿病食、アレルギー源になる食材を使わない料理を出す宿もたくさんあります。

また、糖尿病の人や、糖尿病に関心のある人対象の医師が同行するツアーもあります。

飛行機の機内食も対応してくれる会社があります。チケットを取る際に前もって申し出ておくと、糖尿病食を出すところもあります。

糖尿病に配慮してくれるサービスは思いの外たくさんありますので、日頃から情報収集をしておくと安心です。旅行ではくれぐれも無理をせず、余裕あるスケジュールを組んで楽しく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク