糖尿病とたばこの関係

糖尿病と診断された人は、医師から「たばことアルコールは止めてください」という指示をされると思います。

一見関係なさそうに見えますが、糖尿病にたばことアルコールはどのような影響があるのでしょうか?

まず、たばこの影響から見ていきましょう。

糖尿病の高血糖状態が続くと、血管障害が起こります。喫煙はこの血管障害が急速に進行する作用があります。血液の状態が悪くドロドロ状態なのに、喫煙がさらに追い討ちをかけるのです。

また、たばこは肺ガンなどのいろんな病気の発症率を上昇させる要因です。しかも吸っている本人だけでなく、同じ空気を吸う家族にも悪い影響を及ぼすことは有名ですね。

病気の進行を防ぐため、そしてあなたや家族の体を守るためにも血糖値が気になる人すべてに禁煙をお勧めます。禁煙の影響で口寂しくなって肥満になる人もいますが、運動療法と食事療法で血糖値や体重を管理するようにしていきましょう。

次はアルコールの影響を見ていきましょう。

アルコールは糖尿病の人にとって低血糖の危険をもたらす飲み物です。

糖尿病の薬を服用したり、血糖値をコントロールするためのインスリン注射を使用している人が飲酒すると、薬やインスリンの効き目が長引いて血糖を大幅に下げることがあります。

健康な人にも悪影響はあります。アルコールのあてにするおつまみは塩分量が多いため、つい食べ過ぎてしまうと高血圧を起こしやすくなります。

そしておつまみの食べすぎはカロリーの過剰摂取に繋がるので肥満、メタボリックシンドロームになりやすくなります。

ほとんどの人にとって、長年のタバコや飲酒習慣を変えるのはたやすいことではないと思います。

しかし、自分や家族の体と生活を守ることは大切ですよね。糖尿病である・ないに関わらず、きちんと栄養バランスのとれた食事を取る習慣は、毎日を健康に過ごすためにとても重要なことなのです。

スポンサーリンク