高脂血症といわれていた病気

007-1225.jpg

高脂血症という病名をご存知ですか?血液検査でよく問題視されるのは、コレステロールや中性脂肪ですね。コレステロール、中性脂肪の値が高い状態が高脂血症です。

高脂血症の怖いところは、自覚症状がほとんどないため、検査をしてみなければわからないということでもあります。

コレステロールなどには日常生活における運動不足や食というものが、とても大きく関与してきます。 特に動物性脂肪の摂取量は直結していると言われ、日本人が古来から培ってきた和食から、欧米型の食事に変化してきたことが、病気を拡大してきているとも言えるわけです。

他にも、アルコールの過剰摂取や就寝前の食事なども、コレステロールを高めてしまう原因です。

高脂血症は放っておくと動脈硬化の原因になりうるにもかかわらず、検査結果の数値が基準を大幅に上回っていても、意外に気にされない方が多くいます。病気の可能性を気にかけていても、生活改善を行動に起こすのが億劫になる人が多いのかもしれません。

しかし高脂血症を無視すると、動脈硬化や心筋梗塞を起こす可能性が非常に高いです。高血圧や腎臓病の元にもなりますから、血液検査の結果で異常を発見したら、一日でも早く生活習慣を見直しましょう。

この高脂血症は、現在は「脂質異常症」という名称に変更になりました。変更の理由は「脂質が多すぎるから悪い」というイメージを持たれやすかったから。コレステロールには善玉コレステロールのように多く存在した方が良い物があります。

スポンサーリンク