糖尿病食を冷凍で宅配・お試しセット好評の美健倶楽部

ダイエット・糖尿病改善のために作られた低カロリーの冷凍宅配食は栄養管理にかかる手間と時間を限りなくゼロにします。

冷凍宅配食は管理栄養士が考案した調理済みメニューを冷凍加工して配達するサービスです。電子レンジや湯煎で温めて、お皿に盛りつければ栄養バランスの良い食事が完成。温めるだけの手軽さは、共働き夫婦や単身赴任の男性の負担を減らします。

現在、宅配食は様々なメーカーがしのぎを削ってます。主流は先に紹介した冷凍食と、常温で長期保存ができるレトルト食の2タイプです。

レトルト食のメリットは室温で保管できること。保管場所として冷凍庫を空ける必要がなく、どこでも保存できるのはとても便利です。ただし食事の支度をする時に気をつけて欲しい点があります。

レトルト食のメニュー内容は、肉または魚の主菜が1品と、野菜か汁物の副菜が1品か2品です。箱や袋に書いてあるカロリー数や栄養表示は、おかずだけのもの。ご飯は計算に含まれてないので、白米のカロリーは自分で計算しなくてはいけないのです。

例えば、N社の宅配レトルト食ハンバーグは洋風ハンバーグとクラムチャウダーの2品セットで320キロカロリー。茶碗1杯の白米ご飯をあわせると約250キロカロリーがプラスされて、合計570キロカロリーに。

宅配食でカロリー計算の手間を省いたつもりでも、ご飯の量に無神経だと意味がなくなってしまうのです。カロリー制限を始めたばかりの人には少しわかりにくいですよね。

このような理由から提案したいのは、ご飯付きの冷凍宅配食。BC400の低カロリー冷凍宅配食はご飯とおかず3品の合計で1食400キロカロリーです。

カロリー計算以外にもメリットがあります。宅配食は栄養バランスの管理が重要視されるため、結果的に食材の安全性まで手が回らないものがほとんどです。しかしBC400は、生産過程にこだわった安全な食材を使用しています。そういう意味では珍しい存在といえるでしょう。

牛肉、 豚肉、鶏肉は安全な飼料で育てられたものを選択。魚は天然物を、醤油や味噌などの調味料は国産原料で作ったものを厳選してます。

野菜については国産と外国産の両方を使用してるようですが、1食790円で食の安全性に配慮した宅配食は他にありません。この価格帯でできる配慮として充分ではないでしょうか。

まずは2週間分のお試しセットを

初めてBC400をご注文する人には、2週間分のお試しセットを提供しています。

「宅配食を利用すれば絶対にダイエットできる」「○日で血糖値が良くなる」などの約束はできませんが、偏った食生活を軌道修正するお手伝いはできます。実際に食べてみて、どれだけの価値があるのか判断してみてください。

スポンサーリンク