血糖値を下げる食事|糖尿病の食品交換表から得るヒント(1)

糖尿病の食事療法では食品交換表というものを用いて献立を計画します。

健康な人にとっては関係ないものに思えますが、体重から必要カロリーを計算して食事量を配分する食品交換表の考え方は、栄養バランスが良い献立の参考になる点が多いです。

簡単に内容を見てみませんか?

糖尿病の食事療法で用いる食品交換表は、約500種類の食品を栄養素によって6つの表に分類しています。

表1主食の仲間 表2果物の仲間
表3魚・肉・大豆・チーズ・卵 表4乳製品の仲間(チーズは例外)
表5油の仲間 表6野菜の仲間、海草類、きのこ、こんにゃく

普段食べるもの・好きな食品がどのグループに属してるのかを知ると、自然と栄養バランスの取れた食事を摂ることができます。

カロリー数、グラム数は「単位」で管理する

食品交換表のカロリー計算は、80キロカロリー=1単位で計算します。例えば「表1を1単位摂取する」ことは「主食を80キロカロリー摂取する」のと同じ意味です。ご飯でしたら50グラムで1単位となります

食事療法では、摂取するカロリーが消費カロリーを上回ることのないようその人にあったカロリー数を計算します。

次のページでは身長と活動パターンを基に摂取カロリーを決める方法を紹介します。 →その2へ続く

スポンサーリンク