低血糖になるとどうなるの?-血糖値を下げる食事

血糖値は下げれば良いものでは限りません。

低血糖になると冷や汗をかく、体がふるえる、吐き気が起こるなどします。

さらに血糖値が下がると強いめまいや疲労感を感じたり、体の異常のために取り乱すなどの症状が現れ、意識障害を起こして、昏睡することもあるのです。

低血糖かな?という症状が起こったら、真っ先にブドウ糖や糖分を含むジュースを飲んでください。

インスリン注射をしながら暮らしてる人は、低血糖に特に注意してください。糖尿病のために薬やインスリンなどを医師から処方されている人は、薬とインスリンの血糖値調整作用によって、低血糖になることがあります。

人間の体が必要としているインスリンの量は、一日中安定していません。体の状態に応じて、その時その時で変化します。時には薬(インスリン)の効き目が強すぎて、低血糖になることがあるのです。

万が一の時は

低血糖はいつ、どこで起こるかわかりません。

自己判断で血糖値を下げる健康食品(サプリメント類)を使用してる人も低血糖に注意しましょう。同時に複数の商品を摂取すると、強い血糖値低下作用が起こることがあります。→詳しくはこちら

薬とインスリンで血糖値をコントロールしてる人は常にブドウ糖を含む食品やジュースを携帯する必要があります。ブドウ糖は病院で入手できますし、健康食品として普通のお店でも購入できます。

もしブドウ糖などが手元にない場合はアメや氷砂糖などで代用できます。固体のアメは吸収が遅いですが、ないより安全です。

ブドウ糖を補給しても症状が良くならない時は、すぐに救急車を呼ぶか、タクシーを利用して病院に行ってください。

低血糖の対処方法については、家族以外の人にも知ってもらうことも重要です。友人、職場の同僚に糖尿病であることを打ち明けて、危険な状態になった時は適切な処置がすぐにできるよう前もってお願いしておきましょう。

命にかかわる低血糖を予防する一番良い方法は、規則正しい食生活を心がけて、体内のインスリン量のバランスを崩さないことです。しかし低血糖を恐れて食事を多く取りすぎても、糖尿病や生活習慣病を悪化させてしまいます。

糖尿病、低血糖、どちらも毎日の食生活に配慮することで防げるのです。

スポンサーリンク