外食で血糖値を上げにくくする食べ方

血糖値を下げるために食事内容を見直す人は、外食、会社の社食、接待などについても注文内容と食べ方を工夫する必要があります。

外食メニューは一般的にカロリーが多めです。食べる量と献立に気をつけないとあっという間にカロリーを取り過ぎてしまいます。

おおよそのカロリー数を把握するには、外食メニューのカロリー数を紹介する市販のガイド本を活用しましょう。

出された食事の量が多すぎる時は、食べ残す姿勢も大切です。もったいない…と言って食べ過ぎる癖は禁物です。揚げ物なら油分の多い衣や脂身を残すなどしましょう

外食の中でも和風のセットメニューは、カロリーを把握しやすく、比較的栄養バランスが取れてます。

しかしご飯の量が多いどんぶり物は要注意。単品で注文するより、野菜の総菜がついた定食などの セットメニューを選ぶ方が良いでしょう。

ファストフードは栄養が偏っているうえに脂肪分が突出してます。どうしても食べたい時は、メニューに表記されたカロリー数をチェックして選ぶよう心がけてください。

メニュー別にカロリーを参照できる外食メニューガイドや、糖尿病の治療で使用する食品交換表の単位・1単位80キロカロリーはどれくらいの食品に当たるのか、などが掲載されている本はたくさん販売されています。

血糖値のコントロールを意識する食生活を始めるに当たって、使いやすいものを購入しておくと便利ですよ。

でも外食は栄養がどうしても偏りがちになってしまいます。外食をとる回数は、1日1回が限度ではないでしょうか。そんな日は自宅での食事で、足りない栄養素を補給するよう心がけましょう。

要はバランスよく、食べすぎないこと。慣れるまで大変ですが頑張りましょう。

スポンサーリンク