血糖値を下げる健康食品と注意点

血糖値を下げると宣伝している健康食品やサプリメントをご存知ですか?このサイトをご覧の方は、少なからず関心があると思います。

しかし既に医師の診察を受けている方の使用は注意が必要です。

医師が処方する糖尿病の薬は、血糖値を下げる作用があります。薬と血糖値を下げる健康食品を併用すると、低血糖になることがあります。

低血糖は意識障害を起こすこともあり、症状が重い場合は救急車を呼んで病院へ急行すべき危険な状態です。血糖値を下げることに夢中で「とにかく下げなければ」という考えは間違ってます。

健康食品を試したい時は、CMや新聞の宣伝に安易に乗らず、事前に医師と相談してから食べるようにしましょう。

たとえ薬を処方されてない場合でも要注意です。血糖値を下げる効能をうたう健康食品を大量に摂取したり、似た効能のある複数の食品を何種類も利用すると予想もしなかった健康被害に遭遇する危険があります。

健康食品は医薬品ではありませんので、病気を治す効果まで望めません。しかし厚生労働省が許可した特定健康用食品は、血糖値を下げるなどの目的を期待できる栄養価や成分を積極的に配合しています。

一見役に立ちそうですが、落とし穴があります。血糖値上昇を穏やかにする効能がある商品を食べて、血糖値が低くなりすぎて体の具合を悪くすることもあるのです。

こういうことが起こりうると予測されてるので、「医師と事前に相談してください」との注意書きがあるのです。

低血糖のサインは、冷や汗、脱力感、生あくびが出たりします。症状が重いと昏睡状態に陥ることもあります。(薬やインスリンを利用する時にも低血糖が起こることはあります)

健康食品に強く頼らず、規則正しく栄養バランスに気をつけた3回の食事を摂り、 適度な運動を心がけることが一番大切なことです。

スポンサーリンク